ハーブレポート

Herb Report

前小石川植物園園長、三井コスメティックス植物アドバイザー 邑田仁先生にお聞きしました。

Vol.1

ハーブレポート1

Vol.2

ハーブレポート2

Vol.3

ハーブレポート3

悠久の時を生き、人々に愛されるイチョウのお話

古くて新しい、という表現が許されるなら、イチョウはそれにぴったりの樹木。「長寿」という花言葉もこれにふさわしいものでしょう。

イチョウはマツやスギなどの針葉樹、薬に使われるマオウなどと同じ裸子植物です。美しい花を咲かせて果実をつくる被子植物よりずっと早く、古生代にその仲間が現れました。
そして、恐竜が繁栄した中生代には北半球に広く広がっていたことが、化石によって明らかになっています。

ところがその後、北アメリカ、ヨーロッパ、アジアという順で絶滅が進み、100万年ほど前には日本からも姿を消してしまいました。まだ、人類がアジアに到達する以前のことです。

地球上からほとんど絶滅したイチョウですが、実は中国でひっそり生き残っていました。ただ、人間が気づいたのはごく最近のことだったようです。中国の文献にはじめてイチョウがでてくるのは1000年ほど前。

日本に伝わったのはそれから300年ほど後と推定されています。ヨーロッパには、1690〜1692年に来日したケンペルによって日本の植物として紹介されました。

いったん世に出てしまうとまたたく間に広まり、現在では世界中で栽培され、愛されています。病気や害虫に強く、成長が早く、しかも寿命も長いため、樹齢数百年といわれる大木が少なくありません。

イチョウの扇形の葉は、何度も二又に分かれる葉脈が透けて見える若葉の時期も、黄葉する時期も魅力にあふれた独特のものです。さらに、秋に実るギンナンは食用になり、葉は薬に使われるというのですから、人気があるのは当然でしょう。

1684年に江戸幕府の御薬園としてはじまった小石川植物園には、有名な「精子発見のイチョウ」があります。明治9年の「植物園一覧図」にもはっきりと描かれているこのイチョウは、明治政府に移管された時に大きすぎて切れなかったため、生き残ったという伝説のある大木です。

精子発見のイチョウ

精子発見のイチョウ

ギンナン

ギンナン

小石川植物園は明治10年に、東京大学の創立とともにその附属施設となり、日本の植物学の発展を支えてきました。明治29年には植物学教室の平瀬作五郎が、この大イチョウに実るたくさんのギンナンを観察して、動く精子を発見し、世界的に有名な研究業績になりました。

イチョウは東京都をはじめ、あちこちのシンボルマークとして使用されています。東京大学の校章ももちろんイチョウ、正門から安田講堂にかけて続くイチョウの並木は精子発見のイチョウの子孫という説もあります。

このように人気のあるイチョウですが、欠点といえば実の外側を包んでいる臭い皮。そのため、庭木や街路樹には雌の木を植えないようにしているようです。
現在ではその臭い実を食べる動物もほとんど知られていません。でも、恐竜が活躍していた時代には、ギンナンを食べて種子を運ぶ恐竜がいて、助け合って生きていたのではないかと言われています。

恐竜は絶滅しましたが、イチョウはこっそり生き残っていて、地球上に生まれたばかりの人間と助け合うことにより、鮮やかに復活したのです。

夏のハーブ、アルニカとオトギリソウの話

春は植物が新しい命を芽吹く季節。そして夏---植物達がおのおのの命を最大限に謳歌させる季節。私にはそんな風に感じられ、自然に胸が躍ります。そんな緑の濃い、夏のハーブ達のお話が聞けたらと、陽射しもだいぶ強くなり始めた初夏に、邑田教授を訪ねました。
小石川植物園は、いつ訪れても「本当にここが東京の真ん中なの!?」と思うほど静寂に包まれ、心地よい植物の香りに満ち溢れていて、とても癒される空間です。いつもちょっとクールで、そして上品な笑顔で出迎えてくれる邑田教授。今日は室内ではなく、園内をゆっくりと散歩しながら、お話を伺うことにいたしました。

園内の植物分類標本園にて

園内の植物分類標本園にて

小林「こんにちは。この緑溢れる植物園のリラックス効果で、教授はいつも素敵な表情をなさっているんですね。」

教授「植物園としての長い歴史のなかで育まれた自然の佇まいが安らぎを与えてくれるのでしょう。御薬園だった江戸時代から、多くのハーブが栽培されていたんですよ。ヘチマ水を献上したことも知られています。」

小林「教授は今、何を研究なさっているのですか?」

教授「私の研究対象は、サトイモ科のテンナンショウですが、同じサトイモ科のコンニャクの仲間は化粧品の保湿剤としても使われています。三井さんの新商品にもいかがですか?(笑)」

小林「それにしても樹々の枝葉の見事なこと! みずみずしい自然の生命力を感じます。木漏れ日とのコントラストの美しさといったら.....。やっぱり植物のパワーは夏に全開になるんでしょうか?」

園内の植物分類標本園にて

園内の植物分類標本園にて

教授「夏は雨が多く、しかも光が強く長い時間明るいので、この時期に活発に光合成を行って成長する植物が多いですね。ちなみに、植物分類標本園には約500種の植物を展示し、薬園保存園には約120種の薬用植物を栽培していますが、夏には雑草も元気に育つので管理が大変です。」

小林「まあ、この植物園には、遺伝の法則で知られるメンデルゆかりのブドウがあるんですね!」

教授「そうなんです。メンデルが在職したチェコの修道院(現在のメンデル記念館)に依頼して、大正時代に株分けをしていただいたものなんですよ。」

小林「修道院と言えば、夏ハーブのアルニカについて、中世のビルデガルドという女子修道院長が、青アザや打撲傷を治す効果があると書物に記していたそうなんですよ。古くからヨーロッパでは万能薬として用いていたようで、特に花から抽出した液体には消炎、刺激緩和、保湿、血行促進などの効果があるとされていますね。」

教授「アルニカはキク科の高山植物で、ヨーロッパの高原などで育ちます。日本には近緑な高山植物ウサギギクがありますが、どちらも夏の暑さが嫌いで、平地で栽培するのは難しいですね。」

小林「黄色く小さな花弁が可憐なオトギリソウも夏のハーブの一種ですが、どんな特色があるのですか?」

皮膚の自然治癒力を高めるオトギリソウ

皮膚の自然治癒力を高めるオトギリソウ

教授「オトギリソウには約300もの種があり、そのうち日本に自生しているのは40種類程度。日本全国で普通に見ることができますよ。この仲間はほとんどが黄色い花でおしべがたくさん着きます。また、葉や花弁に小さな油点や黒点があるのが特徴ですね。ハーブとしての効果・効能は種類によって異なるということですが、三井さんでは確かセイヨウオトギリソウを取り入れられているのだとか。」

小林「三井コスメティックスでも、数あるオトギリソウの中から、皮膚の自然治癒力を高める効能にとくに優れたセイヨウオトギリソウをシミコンクに配合しているんですよ。今日は都会のオアシスのような小石川植物園を巡りながらの楽しいお話を本当にありがとうございました。植物園を整備するライフイングリーン計画の成功をお祈りします。」

東京大学大学院理学系研究科付属植物園の本園「小石川植物園」と分園「日光植物園」を世界に誇る植物多様性の研究施設として整備し、社会に開かれた植物園へと発展させる「Life in Green Project」(ライフイングリーンプロジェクト)を行っております。
詳しくはこちらをご覧ください。

ハーブと日本人の永き、良き関係。

人間は長い地球の歴史の中で生まれ、自然と助け合って生きてきました。太陽のエネルギーを使って、私達の食べ物や住み家、衣類などの資源を作り出してくれる緑色の植物は、かけがえのない自然の一部です。私達はさらに体や心の健康についても、植物から大きな恩恵を受けています。

そのような植物は西洋ではハーブと呼ばれ、中国では本草として用いられてきました。江戸時代までの日本は中国から伝わった本草学を学び、植物を役立てていましたが、アジア地域以外からも様々な植物が渡来しており、幕府の薬用植物栽培施設であった小石川御薬園などでは、カモミール、ローズマリー、ゼニアオイ、イノンド、コリアンダー、サフランといった西洋のハーブがすでに栽培されていました。

ハーブと日本人の永き、良き関係。

時代は移り、今では遺伝子を調べて生命の不思議を解き明かすようになりました。しかし私達と植物の関係は変わりません。むしろ、科学技術の助けを借りて植物の持つ力を再発見し、現代の生活に合った新しいハーブとして利用することができるようになっているといえるでしょう。

日本人は昔から植物を愛し、植物とじょうずに助け合って来たことで高く評価されています。地球上の環境が変化し、多様な植物が失われつつある今こそ、身近な植物を理解し、有効に役立てることによって豊かな生活を築いていくことが大切に思います。

Vol.1

ハーブレポート1

悠久の時を生き、人々に愛されるイチョウのお話

古くて新しい、という表現が許されるなら、イチョウはそれにぴったりの樹木。「長寿」という花言葉もこれにふさわしいものでしょう。

イチョウはマツやスギなどの針葉樹、薬に使われるマオウなどと同じ裸子植物です。美しい花を咲かせて果実をつくる被子植物よりずっと早く、古生代にその仲間が現れました。
そして、恐竜が繁栄した中生代には北半球に広く広がっていたことが、化石によって明らかになっています。

ところがその後、北アメリカ、ヨーロッパ、アジアという順で絶滅が進み、100万年ほど前には日本からも姿を消してしまいました。まだ、人類がアジアに到達する以前のことです。

地球上からほとんど絶滅したイチョウですが、実は中国でひっそり生き残っていました。ただ、人間が気づいたのはごく最近のことだったようです。中国の文献にはじめてイチョウがでてくるのは1000年ほど前。

日本に伝わったのはそれから300年ほど後と推定されています。ヨーロッパには、1690〜1692年に来日したケンペルによって日本の植物として紹介されました。

いったん世に出てしまうとまたたく間に広まり、現在では世界中で栽培され、愛されています。病気や害虫に強く、成長が早く、しかも寿命も長いため、樹齢数百年といわれる大木が少なくありません。

イチョウの扇形の葉は、何度も二又に分かれる葉脈が透けて見える若葉の時期も、黄葉する時期も魅力にあふれた独特のものです。さらに、秋に実るギンナンは食用になり、葉は薬に使われるというのですから、人気があるのは当然でしょう。

1684年に江戸幕府の御薬園としてはじまった小石川植物園には、有名な「精子発見のイチョウ」があります。明治9年の「植物園一覧図」にもはっきりと描かれているこのイチョウは、明治政府に移管された時に大きすぎて切れなかったため、生き残ったという伝説のある大木です。

精子発見のイチョウ

精子発見のイチョウ

ギンナン

ギンナン

小石川植物園は明治10年に、東京大学の創立とともにその附属施設となり、日本の植物学の発展を支えてきました。明治29年には植物学教室の平瀬作五郎が、この大イチョウに実るたくさんのギンナンを観察して、動く精子を発見し、世界的に有名な研究業績になりました。

イチョウは東京都をはじめ、あちこちのシンボルマークとして使用されています。東京大学の校章ももちろんイチョウ、正門から安田講堂にかけて続くイチョウの並木は精子発見のイチョウの子孫という説もあります。

このように人気のあるイチョウですが、欠点といえば実の外側を包んでいる臭い皮。そのため、庭木や街路樹には雌の木を植えないようにしているようです。
現在ではその臭い実を食べる動物もほとんど知られていません。でも、恐竜が活躍していた時代には、ギンナンを食べて種子を運ぶ恐竜がいて、助け合って生きていたのではないかと言われています。

恐竜は絶滅しましたが、イチョウはこっそり生き残っていて、地球上に生まれたばかりの人間と助け合うことにより、鮮やかに復活したのです。

Vol.2

ハーブレポート2

夏のハーブ、アルニカとオトギリソウの話

春は植物が新しい命を芽吹く季節。そして夏---植物達がおのおのの命を最大限に謳歌させる季節。私にはそんな風に感じられ、自然に胸が躍ります。そんな緑の濃い、夏のハーブ達のお話が聞けたらと、陽射しもだいぶ強くなり始めた初夏に、邑田教授を訪ねました。
小石川植物園は、いつ訪れても「本当にここが東京の真ん中なの!?」と思うほど静寂に包まれ、心地よい植物の香りに満ち溢れていて、とても癒される空間です。いつもちょっとクールで、そして上品な笑顔で出迎えてくれる邑田教授。今日は室内ではなく、園内をゆっくりと散歩しながら、お話を伺うことにいたしました。

園内の植物分類標本園にて

園内の植物分類標本園にて

小林「こんにちは。この緑溢れる植物園のリラックス効果で、教授はいつも素敵な表情をなさっているんですね。」

教授「植物園としての長い歴史のなかで育まれた自然の佇まいが安らぎを与えてくれるのでしょう。御薬園だった江戸時代から、多くのハーブが栽培されていたんですよ。ヘチマ水を献上したことも知られています。」

小林「教授は今、何を研究なさっているのですか?」

教授「私の研究対象は、サトイモ科のテンナンショウですが、同じサトイモ科のコンニャクの仲間は化粧品の保湿剤としても使われています。三井さんの新商品にもいかがですか?(笑)」

小林「それにしても樹々の枝葉の見事なこと! みずみずしい自然の生命力を感じます。木漏れ日とのコントラストの美しさといったら.....。やっぱり植物のパワーは夏に全開になるんでしょうか?」

園内の植物分類標本園にて

園内の植物分類標本園にて

教授「夏は雨が多く、しかも光が強く長い時間明るいので、この時期に活発に光合成を行って成長する植物が多いですね。ちなみに、植物分類標本園には約500種の植物を展示し、薬園保存園には約120種の薬用植物を栽培していますが、夏には雑草も元気に育つので管理が大変です。」

小林「まあ、この植物園には、遺伝の法則で知られるメンデルゆかりのブドウがあるんですね!」

教授「そうなんです。メンデルが在職したチェコの修道院(現在のメンデル記念館)に依頼して、大正時代に株分けをしていただいたものなんですよ。」

小林「修道院と言えば、夏ハーブのアルニカについて、中世のビルデガルドという女子修道院長が、青アザや打撲傷を治す効果があると書物に記していたそうなんですよ。古くからヨーロッパでは万能薬として用いていたようで、特に花から抽出した液体には消炎、刺激緩和、保湿、血行促進などの効果があるとされていますね。」

教授「アルニカはキク科の高山植物で、ヨーロッパの高原などで育ちます。日本には近緑な高山植物ウサギギクがありますが、どちらも夏の暑さが嫌いで、平地で栽培するのは難しいですね。」

小林「黄色く小さな花弁が可憐なオトギリソウも夏のハーブの一種ですが、どんな特色があるのですか?」

皮膚の自然治癒力を高めるオトギリソウ

皮膚の自然治癒力を高めるオトギリソウ

教授「オトギリソウには約300もの種があり、そのうち日本に自生しているのは40種類程度。日本全国で普通に見ることができますよ。この仲間はほとんどが黄色い花でおしべがたくさん着きます。また、葉や花弁に小さな油点や黒点があるのが特徴ですね。ハーブとしての効果・効能は種類によって異なるということですが、三井さんでは確かセイヨウオトギリソウを取り入れられているのだとか。」

小林「三井コスメティックスでも、数あるオトギリソウの中から、皮膚の自然治癒力を高める効能にとくに優れたセイヨウオトギリソウをシミコンクに配合しているんですよ。今日は都会のオアシスのような小石川植物園を巡りながらの楽しいお話を本当にありがとうございました。植物園を整備するライフイングリーン計画の成功をお祈りします。」

東京大学大学院理学系研究科付属植物園の本園「小石川植物園」と分園「日光植物園」を世界に誇る植物多様性の研究施設として整備し、社会に開かれた植物園へと発展させる「Life in Green Project」(ライフイングリーンプロジェクト)を行っております。
詳しくはこちらをご覧ください。

Vol.3

ハーブレポート3

ハーブと日本人の永き、良き関係。

人間は長い地球の歴史の中で生まれ、自然と助け合って生きてきました。太陽のエネルギーを使って、私達の食べ物や住み家、衣類などの資源を作り出してくれる緑色の植物は、かけがえのない自然の一部です。私達はさらに体や心の健康についても、植物から大きな恩恵を受けています。

そのような植物は西洋ではハーブと呼ばれ、中国では本草として用いられてきました。江戸時代までの日本は中国から伝わった本草学を学び、植物を役立てていましたが、アジア地域以外からも様々な植物が渡来しており、幕府の薬用植物栽培施設であった小石川御薬園などでは、カモミール、ローズマリー、ゼニアオイ、イノンド、コリアンダー、サフランといった西洋のハーブがすでに栽培されていました。

ハーブと日本人の永き、良き関係。

時代は移り、今では遺伝子を調べて生命の不思議を解き明かすようになりました。しかし私達と植物の関係は変わりません。むしろ、科学技術の助けを借りて植物の持つ力を再発見し、現代の生活に合った新しいハーブとして利用することができるようになっているといえるでしょう。

日本人は昔から植物を愛し、植物とじょうずに助け合って来たことで高く評価されています。地球上の環境が変化し、多様な植物が失われつつある今こそ、身近な植物を理解し、有効に役立てることによって豊かな生活を築いていくことが大切に思います。

邑田先生

邑田 仁
Jin Murata

プロフィール

東京大学大学院理学系研究科教授
理学博士
前小石川植物園園長
三井コスメティックス 植物アドバイザー

Copyright © Mitsui Cosmetics Co., Ltd. All rights reserved.
ページTOPへ